前へ
次へ

インターナショナルスクールを選ぶポイントが

インターナショナルスクールには、長年子どもを教育してきた老舗の学校と比較的新しい新興の学校の二種類があります。
老舗の学校の特徴は駐在員や外交官ファミリー、帰国子女などが利用することが多いです。
一方、新興の学校では日本で普通に暮らしている日本人の子どもが、英語力と国際的な視野を育むために利用することがあります。
インターナショナルスクールを選ぶ際は、老舗や新興などで比べることも大切ですが、どんなカリキュラムなのかを確認することも大切です。
カリキュラムを確認する際は、高校卒業資格を認めている国際的な評価団体の認定を受けているかどうかを確認することもポイントになります。
他にもエスカレーター式に学年が上がるかどうかをチェックすることも大切です。
学校によっては小学校まで、中学校までのところがあり、中学校や高校に行くためには進学先を見つけなければならないこともあるからです。
したがって、普通の日本の家庭で育った子どものインターナショナルスクールを選ぶ場合は高校まで通える学校を選ぶようにしましょう。

Page Top